アプリに対応する「ノボペン6」「ノボペンエコープラス」

 

新しいノボペンそろそろ発売するのでは?と以前こちらでポンプからペン型注射に切り替えたときに予測いたしましたが

本当にそろそろ新しいノボペンが発売されるそうです!

情報は今年の6月25日に国内販売が承認されてから公開されていたようです

私はつい先日調べてから知りました

それがこちらのノボペン6とノボペンエコープラスになります

一体何がすごいのか?というと、
ペン型注射にまた戻してからインスリン量の記録が手動で面倒くさい~と(主に私が)思っていた点を、カバーしてくれるそうなのです!!

ペン型注射にもポンプみたいに記録されればいいのになと思っていましたが、
まさかその抱いていた望みが現実になるとは思いませんでした😂

要するにペン自体に無線通信が搭載され、スマホのアプリに記録を読み込み可能となるようです
これは便利👍

ペンには約800回分も記録できる、とのことで月1回アプリに読み込むにも十分な保存量です

 

対応予定アプリは

・スマートe-SMBG
・リブレLink
・シンクヘルス
・mySugr

となっております

リブレLinkにも対応するとこのことで、リブレユーザーにとってはうれしい話ですね!

その他追加の機能としては、最後に注入してからの経過時間が99時間59分59秒まで表記と
現行のものは12時間表記までしかありませんのでかなり長くなりました!(個人的にはそこまで必要ありませんが)

 

一応対応ペンフィルカートリッジは

フィアスプ注
ノボラピッド注
トレシーバ注
レベミル注
ノボラピッド30ミックス注

となっております

 

耐用年数は5年とありますが、ノボペンエコーと同じであれば交換不可の電池内臓だと思われますので
もしかしたら5年も持たずに無線機能が使えなくなる可能性はあります💦

 

ちなみにノボペン6とノボペンエコープラスの違いは
打つ単位がノボペン6が1単位刻み~60単位に対して、ノボペンエコープラスは0.5単位刻み~30単位となります

大きさも写真でみる限りではノボペン6の方が少し太いでしょうか
ノボペン6はたくさんインスリンを一度に打つ方向けですね

 

発売は2022年の上半期とのことで、詳しい発売日は不明です

ところで少し気になったことは、ペンにそれぞれ番号が振り分けられて、
それでどのインスリンを打ったのかを管理できるということなのでしょうかね?
そうでないと2種類以上使用していたらややこしくなりますもんね😅

まだ情報も乏しい状態ですので、首を長くして待つことにいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket