インスリン用シリンジを数日使って感じたこと

 

前回、ポンプのバイアルが1本残っているので勿体ないから消費してしまいましょう!というわけで、使い捨ての注射器をはじめて使用いたしました

何本かトライしてみて気が付いたことを書こうと思います

注射する度にセットすることが面倒なので、一気に10本分のストックを作り消化しております
画像の通り私は結構ぞんざいに扱っておりますが、保管にはくれぐれも注意してくださいね!

ここだけの話ですけど!本当はあまりよろしいことではありませんので小さい声で言います😅
1本分に1日分の食事で使用する量を入れております
だってセットが面倒だし、使い捨て注射器1回1本だと一体トータルで消化するのに何本いるの?ですし(笑)

ですので1日約3回分同じ注射器で打っております
1日分が使い終わったら注射針と同じ場所にため(捨て)ておきます
やはり消耗品なので、これ以上は針がなかなか刺さらないと思うのです

正直に言うと、2回目から刺さりづらくなります
ちなみに注射器自体は前回申しました通り、院内処方の点数に一緒に入っている?ようで特に金額にはいつもと変わりありませんでした(要するにタダ同然です)

32Gの注射針はけっこうイケる感じはありますが、28Gはやはり太めなこともあり1回こっきりでもいいレベルです
もちろん1回こっきりで使用することしか想定されてませんけどね!禁断!

10本分でそれぞれ約30単位分のインスリン液を入れていても、バイアルはまだまだ1/4程度しか減っておりません!
来月も処方してもらうようになりそうです

そしてペン型であれば気にしなくてもいいことを気にしないといけません

それは1単位刻みしかないという部分と、正確な単位が注入されてる保障がないという点です

そして前述した通り、1日分の分量を入れてメモリを見ながら注射しているので、打ちすぎる可能性も高くなります!

何気にメモリが小さいので単位数が見づらいです……

なので間食や追加補正の注射(いわゆるちょこちょこ打ち)の小さな1,2単位等の単位数を打たないといけないときはペン型も使って併用している感じです

あと外出するときはもちろん絶対にペン型です

こういうことを考慮しないといけないと考えると、ペン型注射って本当に画期的(?)アイテムですね!
そんな便利な時代に生まれてきてよかったです😂

できれば1型糖尿病がこの世から完治できる病気の時代に生まれたかったですね!(笑)

とりあえずあと何本で消化できそうなのか、様子を見ながらこのまま使っていこうと思います

何事にも経験です👍
ただし前回も申しました通り、またやりたいとはあまり思いませんね!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket