夏休み☆リブレセンサーで測定した結果

 

夏休みなんてありません、夏の家(身の回りのお世話)仕事です

それはさておき
前回の通院から「余っているリブレセンサーを使って血糖値の動向をみてみましょう!」
とのことで早速やってみました

センサー装着から2日目にしてすでに痒くてもう外したい衝動に駆られました……
夏場ですから大量の汗を掻きますよね

それからなんとか痒みが治まることもありましたが、使用し続けている内に案の定センサーが極端に低値を示すようになりました

そんなわけで今回も2週間まるまる測らず、11日間分測定して終了いたしました
最初は最低でも1週間は測定するという目標でしたので、そこそこ役には立ったかなと思います

最近のパターンとしては夜中からお昼まで血糖値が低めというものでしたが、実際にリブレの結果をこうしてみてみるとそのような傾向であることが一目瞭然ですね
私は血糖値は毎食ごとに測定、そして気になったら測定しており、だいたいの把握はしていたので想定内の結果です

午後の基礎インスリンは上げたのですが、なかなか血糖値は落ちてくれません!
まあ昼ごはんに食べ過ぎてしまうこともあるので、そこの炭水化物の計算が甘いときもありますね

一応この推定A1cは元々リブレの測定だと低めに出るものなので、実際は1%ちょいくらいは上だと思います

ただ今回は問題視していた生理前の血糖値がいつもより低かったこともあるので、来月の通院時のA1cの検査はもしかしたら下がっているかも?

リブレ使用時は8月19日から29日ですが、実測値の平均は160mg/dL切ってるかもしれません
リブレの平均グルコース値は127mg/dLと出ているので、測定の誤差はおおよそ30mg/dLですね

とにもかくにもリブレセンサーを使用しているときは、本当にその値なのかいつもより多く実測をしていたような気がいたします
ここでは余計に測定した分はマスの数的に書き記せないので、リブレ内の記録の数値がいくつか飛んでおります(笑)

結果としては現在の基礎インスリンで夜中の低血糖もだいぶ抑えられているので、あとはやはり午後からの値が高めである部分を抑えることですね(いつまでこの課題が続くのだろう

リブレセンサーを付けていなくてもなんとかなりそうな感じでしたが、余っているから消費しないともったいないですし(笑)

あと血糖値記録表をみて思ったのですが、ちょこちょこ超高血糖ありますね
いや、気にしていないことはないのですが、そこまで気にならなかったというかモゴモゴ
ときどき出てくる300mg/dL辺りはご愛敬です

そうです、これが普通ですこやの普通なのです