2018年7月のヘモグロビンA1c

   2018/07/25

今月のヘモグロビンA1cは7.3%でした

まあこんなものでしょう
来月がもっと上がりそうで怖いです……

そんなわけで新しいポンプになりました

残存インスリン量が表示されていてわかりやすいです

前回まで使用していた722ポンプはそのような表記がなかったので、注入量が少な目のときはなんとなくまだインスリンが体内に残っているんだなと思うくらいしかできませんでした

722と比べると値を入れるときの文字が小さいのが気になりましたが、まあそこは慣れですかね一応まだ老眼ではないので小さい文字も見えます(笑)

何やらいろいろ細かい設定ができるのには驚きました

基礎レート(前、ベーサル)の変更が容易にできるようになったことがとても有難いです

一時基礎レートで素早く変更ができたりプリセットで予め設定した一時基礎に素早く変更できたりなかなか良いですね

それから基礎レートのコピペができるのも便利ですね

書き出したらキリがないのでここら辺で止めておきますが

この辺りの機能って620Gの頃とおそらく変わらないと思うのですが、なぜ便利な方にもっと早く変更してくれなかったんだろうとやや疑問に思いました
当時(私が妊娠していたときに出回り始めたとき)はCSIIとしてではなくCGMとセットでしか使えなかったのかなあ?と、あくまで憶測ですが(笑)その時はそんな感じでしか聞いていなかったので

とりあえずはCGMは保留で今まで通りCSIIとして使用することにしました

ひとつ疑問なのですが、持続血糖値測定を使うならリブレと併用した方が医療費がお安いのでしょうかね?
確か当時の話だとそこまで高くなるイメージがなかったのですが、あちらこちらで聞くお話によるとだいたい1万円くらい上がるとかなんとか……?

とまあ病院にもよりけりなところもあるのでまた今度通院したときに聞いてみようかと思います
今回は新しいポンプの説明を業者さんに聞くだけで精一杯で他のことに頭が全く回りませんでした

こちら0.025単位まで設定できることもとても大きいですね
しばらくちょこちょこいじくってみようと思います