2020年4月のヘモグロビンA1c は検査せず~電話診療~

 

今月ははじめての電話診療をしたため検査はしておりません

なんと病院には行きました(笑)

なぜかというとインスリン等の院外処方は近所の処方箋を取り扱っている薬局でできるのですが、問題はポンプ物品や血糖測定物品や消毒綿は院内処方なので、そちらは取りに行かないといけないということでした(泣)

以前物品を送ってくれるという話を先生から聞いたような気がするのですが、途中で方針が変わったのでしょうか

子供も連れてきてはダメという病院の方針に従い電話診療にしたのに、結局子供を連れて病院に行くことになりました

ただ、検査や診察はなく処方箋を受け取って会計窓口に持って行って、清算も後日とのことで病院にはあまり長くはおりませんでしたが

それでも子供とコロナ禍の中、バスで外出することはとても神経を使い疲れます

来月は行かなくてもいいように2ヵ月分処方してもらったので、次回は6月の通院になりました

と、いうことは……
もしかして1ヵ月分の医療費が浮くのでしょうか

もちろん今回2ヵ月分をもらったのでその分インスリンはその分値上がりしましたが、以前ひと月分飛ばして通院したとき在宅医療の料金は1ヵ月分しか請求されなかったので……

まあ今回は特別措置ではあるのでわかりませんがね!
ちゃっかり2ヵ月後に2ヵ月分の在宅医療費分引かれてたりして~

2ヵ月分の医療物品はこちらです
ドドーン

実はレスキューペンの期限がきたのでペン型注射も処方してもらいました
注射針もまあ一応、家に1袋分しかなかったので追加で1袋分
有事の際は針使い回し確定ですが(笑)
それからノボラピッドのバイアルは6本、院外処方はこれで合わせて7000円くらいでした

消毒綿はちらほら在庫がなくて数に限りがあるという話を伺いましたが、大きい病院で流通の確保があるのか私の通院先ではそういった制限はありませんでした
今回は360枚もらいました

穿刺と電極ライトは8箱ずつ(リブレセンサーは処方してもらっておりません)

最後にポンプのクイックセットとリザーバ2箱ずつですね

今回電話診療と2ヵ月分の処方箋をもらえたのは私の体調が特に変わりなかったからできたことなので、気になることがある方は普通に診察を受けてくださいね

 

ところで電話診療を受けるときに一度病院のコールセンターに電話するのですが、これが案の定全く繋がりませんでした

3月から他の大きい病院や施設に予約の変更や取り消しで3箇所かけたことがあるのですがね、どこもなかなか繋がらないのですよね~

こういう事態に備えてネットでも変更できる仕様にして欲しいですよね、このご時世(笑)
特に大きい病院とか大型施設とか電話オンリーが多いような?
たまたま関わっているところがそういうところが多かったのでしょうか

電話の方が手っ取り早いのですが、どうしても一人一人の時間が長くなるので事前に対策する等やってもらいたいものです

私は最終的には受付時間の終了10分前から秒単位でかけ直してやっと繋がり、私で受付時間終了まで話していたので
おそらくその後も電話は鳴り響いていたと思います

 

最近はあまり話題がなく、Twitterで完結するような話ばかりですが、ぼちくら更新していきたいと思います