ポンプの消耗品が入っている箱の分別(とても面倒臭いです)

 

岡山から大阪市にきて最初に驚いたのがゴミの細かい分別がなくて大抵を普通ゴミとして出していたことです

私の実家の市ではすでにプラゴミと紙ゴミの分別を行っていたので大阪は楽だな~と思っていたのを思い出します

しかし大阪市にきてわずか数年経つとゴミの細かい分別がはじまりました

実家ではふつうにやっていたことなので近所の住人の苦労話と文句を言っているのを聞いて大変だね~と思うくらいでした

ただ分別用に新たにゴミ箱を買わなきゃいけなくなったのは余計な出費だなと思いましたが

 

そして当然ポンプも針以外は家庭ゴミとして出すので分別しないといけないです

その中でも一番面倒臭いのが消耗品が入っている箱です

何が面倒臭いのかって箱自体は紙ゴミとして出せば問題ないのですが余計に日本語の説明書もビニールでパウチされているのでその部分を外さないといけないことです

とりあえず箱ごとその部分のみをひっぺがしてそちらは普通ゴミに捨てています

パウチされた説明書まで取り出して紙ゴミに出さないといけないのかもしれませんが、雑な私はここでギブアップしてしまいます(笑)

あとクイックセットの箱のふたを開ける部分にも透明なテープが貼り付けてあるのでそれもはがします

ちなみにこういう紙についているビニールは紙の仕分け作業で大変な手間がかかるらしいので必ず紙ゴミにまぜないようにしましょう

あとホチキスは冊子についててもカンタンに分離できるそうなのでいちいち外さなくても大丈夫です

 

これいつも思うのですがこの説明書って余分だよなあと、つけておかないといけないものなのかもしれませんが毎度毎度大量のゴミになるのはいかがなものかと思います

外すのも面倒臭いです

せめて説明書は箱にくっつけるのではなく別に渡してほしいです