生理予定から3日後の最近の血糖値

 

まだ生理はきておりませんが、どことなくイライラしてしまったり、感情がコントロールできなかったりといった生理前の症状があるので、早く生理が来てほしい今日この頃です

しかし今回は精神的な変化が少なく、高血糖があまり見られないのでベーサルの量も増やさずいつも通りに過ごしているというかんじです※今回は生理前に分泌されるプロゲステロンが正常に分泌されていたと考察します。詳しくは生理予定5日前、最近の血糖値は?の記事より

そして驚くことに週間平均血糖値が右肩下がりで落ちています
先週の平均は132でした

一つやったことと言えば、いつもの記録をこまめに入力してみたということです
いつも通院前に血糖値記録表を一気に入力をしていたのですが※参考記事:こやの血糖値記録表
せっかくこのようなものがあるのに活用しないのはもったいない~というとある看護師さんのセリフがなんだか頭から離れなかったのもあり、PCを立ち上げて時間があるときはそちらの方もやるようにしてみました
すると1日の血糖値の動向がなんとなくわかるようになると同時に、もっと血糖値を下げなくてはという意識が芽生えたからなのかもしれません
最近は頭の片隅ではなく、全力で血糖値コントロールに取り組んでいるような気がします

それからインスリン量も見て気が付いたことがあるのですが、体調が悪い日以外でインスリン量が増えるのはやはり血糖値が高い250以上がでたときで、私の日々の食べる量というものはそれほど変化がないのだなということがわかりました
些細なことかもしれませんが、高血糖が多いとインスリンの消費も上がるのだなということがよくわかりました
私の場合、インスリンは3割負担で1本だいたい1500円くらいなのですが、最近まで通院前に未開封のストックがないなと思っていたのはやはり高血糖が続いていたからで、もしこれから更に血糖値が下がることがあれば余ることもでてきて、月2本もらわないと足りなかったのが月1本でも余裕になり、医療費も多少抑えられるかもしれません
ということは低糖質な食事をしていなくても、最初から血糖値のことを気にかけていれば月々の医療費の負担も下げれるということですね(お腹を満たすという意味では低糖質ももちろん外せませんが

このブログのテーマが楽にできることの模索なのですが、なかなかそうもいかないのが現状ですね、残念なことに(笑)
血糖値と常ににらめっこすることが当たり前と考えて、たまに高血糖になるのも仕様と考えて、気楽に行くことが一番楽かもしれませんね