注射針等を刺したときに痛いと思ったら

 

大抵は筋肉か血管に刺していますね!
こんにちは、令和初投稿こやです

 

Twitterにもつぶやきましたが、昨日ポンプ交換でポンプを腹部に取り付けたところに痛みがありました
大方最初だけ痛く、その後おさまりますが、数分経ってもチクチクと痛みがありました

早くおさまらないかなと思い、しかし痛い時は長いこと痛みが続くよな、と思いつつそのまま寝床で夜更かしを開始しました

なんとなく胃腸の調子の悪さを感じつつ、ポンプ交換から約3時間経過したところでこれは少しおかしいかも?と思える若干の不調を感じました

ただそこまでのどが渇いているというわけではありませんでしたが、もしかして?と思い血糖値測定をしてみると高血糖(304mg/dl)でした

まだカニューレが入っている部位の痛みもあったため、すぐに新しく交換することを決めました

カニューレを抜くと、カニューレ自体は曲がっている様子はなかったのですが、血液でカニューレ内部がやや満たされており、一目で血管に刺して血液が逆流していたのだなということがわかりました

どうやらそれによってうまく基礎インスリンが注入されていなかったようです
恐らくここで高血糖だとわかった時点でボーラス補正を入れればふつうに血糖値は下がっていたと思います
ただそれをしなかったのは単純に痛みが続いていたからです

私は今まで交換したてのポンプを外すことが億劫で、とりあえず高血糖は補正を入れて下がればいいかなと思ってやってきていたこともあり、今回はじめて血管に刺して血液が逆流して高血糖になるということを知りました(笑)

ポンプを挿入時に痛みがあることはよくありますが、それが続く場合は要注意ということですね
経験上、血液が逆流していなくても変な痛みがある場合は中でカニューレが曲がっている可能性もあります

たまにカニューレが曲がっていてもうまく注入されている場合もありますね
カニューレなんて体内に入っているときはどうなっているのかわからないので、こういったトラブルは血糖値と経験次第です

私も最初はポンプの扱い方に慣れていなかったので、よく高血糖になっておりましたが、まあ今でもポンプトラブルで高血糖は極々たまにありますね

こういうところがポンプの面倒くさいところではありますが、こうやってポンプと一緒に過ごすということはいつでも気軽にこうしてデスク前に座っていてもおせんべいが食べられる(笑)ということなので、やはり捨てがたいですね!

 

GW明けで特にネタがありませんでしたが、ポンプ交換後は要注意というお話でした