I型になってから悪夢と共にはじめて虫歯になった話 

   2018/03/05

私は小学2年生にIDDMを発症して以来、親に甘いもの制限を厳格にされていたおかげでなのか、それから虫歯というものとは一切関わりなく過ごしておりました
しかしそれから大人になり、大阪で過ごすようになってから奇妙な夢をみるようになりました
それは口の中にまるで砂でも入ったかのようなジャリジャリとしたものがたくさん出てくる、というものでした
その正体は
そのジャリジャリは出しても出しても歯を崩しながらとどまることをしらずに次から次へと出てくる、といった夢です
舌で感じた歯には深い穴が空いてしまい、やや絶妙な痛みもありました
ただその夢をみているときは本当に自分の歯に痛みがあった、というわけではありませんでしたが……
奇妙な夢だなと思いつつ、そういえば長年歯医者にも行ってないなとなんとなく思いつつ、やがて私はめでたく妊娠しました

妊娠中は虫歯が出来やすい時期でもあるので口内ももちろん清潔にしておかないといけません

参考サイト※こそだてハック「妊婦が歯医者に行ける時期はいつまで?妊娠中の歯科治療の注意点は?」

しかし私は今まで虫歯の経験が幼児期くらいしかなく
そんなことよりも血糖コントロール!
であまり虫歯のことは意識しておりませんでした

その後なんとか無事出産し、しばらく経ったある日、ズキズキと左奥上部から痛みを感じるようになりました
これはダメだ耐えられん!と所持していたロキソニンを飲みつつ、旦那に子供を預けられる土曜日を待って歯医者に行きました

歯医者で言われたことは、虫歯がなんと2箇所もあるということでした
今まで虫歯になったことが記憶がおぼろげな幼児期だった私にとっては衝撃的事実でした
しかもそのうちの一つ、一番痛みを感じていたのが親知らずでした

そんなこんなで治療をコツコツと進めて行き、ヘモグロビンA1cもまあそこそこよかったので、最後の治療に麻酔を打って親知らずをゴリゴリと抜いてもらいました
その後も経過を1度診てもらい、そして糖尿病なので半年に1回の定期健診を勧められ現在も通っております
定期健診といえど、主に虫歯のチェックと歯石取りなのですが、頂いた検診表を見ると歯茎が腫れ気味だそうですが、まあそれは置いといて……

虫歯が出来たのは妊娠中だったのか、その前からだったのかはわかりませんが、やはり痛みを伴うところまできていたということはもしかしたら妊娠中に進行していったということなのでしょうか

後々考えてみると思い当たることはありました
それは夜中の低血糖、これは妊娠前までもそこそこありましたので、夜中何か甘いものを食べたり飲んだりして、一応歯磨き、とはいかないけれど口の中をすすいだりしていました
そして妊娠中、私は食べづわりでものすごくよくお腹が減ったので、夜中起きたときに何か食べないと朝持ちませんでした
このときも食べて歯磨きなんてしなかったのです、そしてそれが慣れてしまうと口をすすぐことさえもしなくなりました
恐らくこの辺りが主な原因だったのではないのかなと思います
しかも妊娠中は虫歯になりやすいというのに、そのことを全くもって触れずに過ごしてしまっていたので

そして歯医者に通うようになってから1.2度くらいは見たような気もするのですが、以降あの歯がジャリジャリと崩れていく悪夢はほとんどみなくなりました
もしかしてあの夢はスピリチュアル的に言えば守護霊からの警告だったのかもしれません
“スピリチュアル的に”と言えばどこか宗教染みた感じになり、私も視えない人なのでどこまで信じていいのかわかりませんが本当に不思議な現象でした
あるいは私は長年歯医者に行っていないので無意識に歯のことを気にしていたのか、今となってはなんとも申し上げれないのですが、とにかく歯も大事な体の一部なので歯医者に通うことは大切ということがよくわかりました

もし私みたいに歯に異常がなく歯医者に長年通っていないという方がいらっしゃいましたら、是非一度診てもらってください
歯磨きのことや様々なアドバイスを頂けると思うので☺
それから妊娠中は特に気を付けて、夜中でもちゃんと食べたら歯を磨くようにしてくださいね😅
私も次からは気を付けて行こうと思います、次があるかどうかはわかりませんが(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket