2歳6か月のぬりえの続き

   2018/02/11

2歳6か月のぬりえの続きです
前回ジェームスの塗りに何か違和感があったのでよくよく見てみると黒色を飛ばして塗っていました
ので今回ももう一度懲りずにジェームスを塗りなおしました

結果

ちょっと顔に影を入れながら塗り、ついでに隣のトーマスも塗り、鉛筆削りを使って色鉛筆を削ったあと先が尖っている方が繊細に塗れるわ~と思いながらトーマスの黒の部分も塗って~…としていたら黒の色鉛筆を娘に奪われボディを黄緑色でかわりに塗れと差し出されてこうなりました!

娘塗りはとにかくダイナミックです

そして「これあるよ!」と言ってクレヨンを持ってきた娘

子どもにとってはこちらの方がさらさらと塗りやすくはあるのですが、細かい塗りは諦めました

なぜ1箇所集中型なのか!?

ぐりぐり同じところを塗るのが好きみたいです

 

それにしても1人ではぬりえの本をあっちこっち持っていくだけで全然ぬりえをしようとはしないのですよね(ねんどもそう)

お絵かきとかおままごととか他の遊びは勝手にやっているのに、不思議です

一緒にやらなきゃ面白くないのか、一緒にやるものと思っているのか、単純に気がのらないのか

さてどれなのでしょう